つみたてNISA【2021年11月運用成績】楽天・インデックス・ファンド

スポンサーリンク
つみたてNISA

つみたてNISAの運用成績をブログで公開します。

11月は順調に株価が伸びていましたが、月末あたりの新型コロナウイルスの変異種「オミクロン株」が欧州をはじめとして拡大し出したことで大きく値下がりしております。

利益確定などの調整もあったのでしょう。オミクロン株がどこまで猛威をふるうか分かりませんが、下げは限定的でこのまま戻していくようにも感じられます。

どちらにしても私のような凡人には短期売買はやはり難しいのでコツコツ積み立てで増やしていきます。

 

スポンサーリンク

つみたてNISAで運用中の投資信託

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド ←保有中(積立中止)
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド  ←積み立て中

楽天・全世界インデックス・ファンドに関しては途中から積み立てをストップして、楽天・全米株式インデックス・ファンドに全振りしております。
投資額は毎月積み立てで33,333円です。
運用開始は2018年1月からスタートしており、初期は満額投資しておりませんでした。

私はつみたてNISA以外にもiDeCo(イデコ)で積み立て運用しておりますが、こちらはeMAXIS Slim 先進国株式インデックスとeMAXIS Slim米国株式S&P500になります。

 

スポンサーリンク

つみたてNISA【2021年11月運用成績】

11月末時点でのつみたてNISAの運用実績は

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド:+88,753円 +61.20%
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド :+608,942円 +53.18%

損益 +697,696円 +54.08%となりました。
合計 1,987,783円になります。

 

2021年10月末時点でのつみたてNISAの運用実績は

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド:+85,228円 +58.77%
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド :+554,234円 +49.86%

損益 +639,463円 +50.89%
合計 1,896,145円

 

11月の積み立て分を除いても約6万円ほど増加しています。
すでにアメリカ株がコロナ変異種オミクロン株で大幅下落しておりますが、1ヵ月で回復してくれると年内評価額が200万円を突破してきそうです。

 

つみたてNISA開始から現在までの成績

 

2019年の損益が74.36%と高パフォーマンスになっています。
今度もこのような状態がずっと続くことはないでしょうが、約3年程ほったらかしにしているだけで元値130万円が70万円増えて200万円になるのは素晴らしいですね。

一般的な月給の2~3倍でしょうか。つみたてNISA(投資・運用)をしていない人とここで差がついていきますね。

 

 

銘柄別にみると2018年の楽天・全米株式インデックス・ファンドが84.74%になっています。

元手が大きくなればなるほど損益変化が大きくなりますので、毎月の数値も見応えがありますが、まだ200万円ではさほど大きく変化しません。

1000万円を超えてくると毎日数十万円単位で動いたりします。そのころには解約のタイミングが難しくなり売り逃してしまうかもしれません。

もうはまだなり まだはもうなり

必要になった時に一気にいくか、順番に崩していくのか悩みどころです。

 

まとめ

つみたてNISA2021年11月の運用成績を公開しました。

コロナウイルスの影響で年内200万円の評価額が見れない可能性も出てきました。
一年の締めくくりはいい数字で終わりたいものです。

つみたてNISA【2021年10月運用成績】楽天・インデックス・ファンド

 

タイトルとURLをコピーしました