「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」の資産推移と比較

スポンサーリンク
つみたてNISA

「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」は6月15日からSBI証券で取扱いが開始され6月29日に設定、運用が開始されました。

5営業日で純資産総額が100億円を突破してた「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」ですが、現在も順調に資産残高が伸びています。

ライバルの楽天・全米株式インデックス・ファンドは純資産総額3,100億円を超える商品ですが、コストが「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」に比べ高いため今後引き下げがあるのか注目です。

 

スポンサーリンク

「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」と「楽天・全米株式インデックス・ファンド」現在資産推移比較

 

年月日 SBIV全米純資産総額 楽天全米純資産総額
2021/07/19 151億 3119億
2021/07/16 150億 3125億
2021/07/15 148億 3133億
2021/07/14 146億 3156億
2021/07/13 140億 3157億
2021/07/12 137億 3138億
2021/07/09 132億 3090億
2021/07/08 128億 3128億
2021/07/07 105億 3104億
2021/07/06 106億 3123億
2021/07/05 99億 3126億
2021/07/02 93億 3063億
2021/07/01 86億 3028億
2021/06/30 81億 3010億
6/30~7/19増減 +70億 +109億

 

SBI・V・全米株式インデックス・ファンドは設定日から3週間経ちましたが、まだ純資産増加額は楽天・全米株式インデックス・ファンドの方が多くなっています。

SBI・V・全米株式インデックス・ファンドは買付けできる証券会社が限られている状態でこの増加量ですから、今後窓口が広がればさらに上昇していくでしょう。

 

スポンサーリンク

「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」と「楽天・全米株式インデックス・ファンド」設定初期資産推移比較

 

営業日数 SBIV全米純資産 楽天全米純資産
14営業日 151億 4億
13営業日 150億 4億
12営業日 148億 4億
11営業日 146億 4億
10営業日 140億 3億
9営業日 137億 2億
8営業日 132億 2億
7営業日 128億 1億
6営業日 105億 1億
5営業日 106億 1億
4営業日 99億 9000万
3営業日 93億 6000万
2営業日 86億 2000万
1営業日 81億 500万
1営業日~14営業日増減 +70億 +4億

 

つみたてNISAの制度開始時期は2018年1月からですが、楽天・全米株式インデックス・ファンドの設定日は2017年9月なのでその差はあります。

 

「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」と「SBI・V・S&P500インデックス・ファンド」設定初期資産推移比較

 

営業日数 SBI 全米純資産 SBI S&P500純資産
14営業日 151億 27億
13営業日 150億 26億
12営業日 148億 25億
11営業日 146億 25億
10営業日 140億 23億
9営業日 137億 23億
8営業日 132億 21億
7営業日 128億 20億
6営業日 105億 20億
5営業日 106億 19億
4営業日 99億 18億
3営業日 93億 17億
2営業日 86億 16億
1営業日 81億 16億
1営業日~14営業日増減 +70億 +11億

 

同じSBI証券のVシリーズになりますが、その差は大きなものです。

SBI・V・S&P500インデックス・ファンドはR3.7.20時点で2,600億円の大きなファンドですが、当初スタートは緩やかなものでした。

スポンサーリンク

 

「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」と「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」設定初期資産推移比較

 

営業日数 SBIV全米純資産 Slim S&P500純資産
14営業日 151億 6億
13営業日 150億 6億
12営業日 148億 5億
11営業日 146億 5億
10営業日 140億 4億
9営業日 137億 3億
8営業日 132億 3億
7営業日 128億 2億
6営業日 105億 2億
5営業日 106億 1億
4営業日 99億 1億
3営業日 93億 1億
2営業日 86億 1億
1営業日 81億 100万
1営業日~14営業日増減 +70億 +6億

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)はR3.7.20時点で純資産5,300億円を超え、つみたてNISA純資産ランキングでNO.1のファンドでさえ当初はこの程度の資産増加具合でした。

 

まとめ

「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」は破竹の勢いで資産が増加しています。

他の商品の設定時期と比べつみたてNISAがより認知されていることや、コロナ禍における資産の運用傾向なども加味してもすばらしい伸びです。

純資産1,000億円を突破するまでの期間は1年を切ってくるのでしょうか。
楽天・全米株式インデックス・ファンドは約2年8か月、
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は約1年10か月、
SBI・V・S&P500インデックス・ファンドは約1年3か月で1,000億円突破しています。

今後も大きく伸びていくと思われますが、上位商品にどこまで食い込んでいくか楽しみです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました