つみたてNISAランキング紹介(SBI証券検索ランキング R3.7.12付)

スポンサーリンク
つみたてNISA

つみたてNISAのランキングを紹介します。(SBI証券検索ランキング)
ブログ作成日時点でのランキングになります。

新しくラインナップに加わったSBI・V・全米株式インデックス・ファンドがとても人気となっています。

また、SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドが名称変更により、SBI・V・S&P500インデックス・ファンドとなっております。

 

スポンサーリンク

SBI販売金額ランキングtop10

 

  1. SBI・V・S&P500インデックス・ファンド →
  2. SBI・V・全米株式インデックス・ファンド new
  3. eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  4. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  5. ニッセイ外国株式インデックスファンド
  6. ニッセイ日経225インデックスファンド new
  7. eMAXIS Slim 先進国株式インデックス ↓↓
  8. eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) ↓↓
  9. eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
  10. 楽天・全米株式インデックス・ファンド

 

新たに「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」「ニッセイ日経225インデックスファンド」が加わり、「SBI・全世界株式インデックス・ファンド」と「ひふみプラス」がTOP10外になりました。

SBI・V・全米株式インデックス・ファンドはR3.6.15から取り扱い開始され、6月末からつみたてNISA対象商品になり運用開始されました。

類似の全米株式インデックスファンドには楽天・全米株式インデックスファンドがありますが、SBI・V・全米株式インデックス・ファンドは楽天の実質的な信託報酬年0.162%を下回る年0.0938%になっています。

楽天・全米株式インデックス・ファンドがコストの引き下げを行わない限り、徐々にSBI・V・全米株式インデックス・ファンドに流れて行くことになるでしょう。

楽天証券で楽天・全米株式インデックス・ファンドを積み立てている人は、乗り換える程の差ではないと考えますが、その他証券会社で楽天・全米株式インデックス・ファンドを積み立てている場合や新規はSBI・V・全米株式インデックス・ファンドに向かいそうです。

 

スポンサーリンク

純資産ランキングtop10

 

  1. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 5,202億円 +566億円
  2. ひふみプラス 4,675億円 +33億円
  3. 楽天・全米株式インデックス・ファンド 3,090億円 +236億円
  4. ニッセイ外国株式インデックスファンド 3,024億円 +105億円
  5. セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 2,709億円 +39億円 →
  6. SBI・V・S&P500インデックス・ファンド 2,544億円 +314億円 →
  7. eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 2,241億円 +104億円 →
  8. eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 2,237億円 +261億円 →
  9. ニッセイ日経225インデックスファンド 1,904億円 32億円 →
  10. セゾン資産形成の達人ファンド 1,575億円 +43億円 →

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)がついにひふみプラスを抜き1位となりました。
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は純資産増加額がとても大きく、前月(+483億円)の増加額よりも更に増えています。

また、3位4位でも入れ替わりがありました。米国株式が人気です。

 

増加金額でランキングの組みなおし

  1. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) +566億円
  2. SBI・V・S&P500インデックス・ファンド +314億円
  3. eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) +261億円
  4. 楽天・全米株式インデックス・ファンド +236億円
  5. ニッセイ外国株式インデックスファンド +105億円
  6. eMAXIS Slim 先進国株式インデックス +104億円
  7. セゾン資産形成の達人ファンド +43億円
  8. セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド +39億円
  9. ひふみプラス +33億円
  10. ニッセイ日経225インデックスファンド -32億円

 

先月よりも増加金額が増えた商品は、「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」「SBI・V・S&P500インデックス・ファンド」「楽天・全米株式インデックス・ファンド」のみになります。

 

1年騰落率トータルリターンランキングtop10(販売金額ランキングtop10中)

 

  1. 楽天・全米株式インデックス・ファンド 44.25%
  2. SBI・V・S&P500インデックス・ファンド 41.46%
  3. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 41.46%
  4. eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 40.42%
  5. ニッセイ外国株式インデックスファンド 40.41%
  6. eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 38.65%
  7. eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 37.80%
  8. ニッセイ日経225インデックスファンド 25.62%
  9. eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 21.76%
  10. SBI・V・全米株式インデックス・ファンド –

 

相変わらず「楽天・全米株式インデックス・ファンド」が1位をキープしております。
「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」はまだ1年経ってませんので数字が出ていませんが、楽天・全米株式インデックス・ファンドと類似商品のため同様に期待できます。

「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」はそもそもバランス型のため率は高くありませんが、日本株の調子が悪く「ニッセイ日経225インデックスファンド」が低調です。

 

まとめ

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が純資産増加独走状態となっており、人気が人気を呼んでいます。

また新たにつみたてNISAに加わったSBI・V・全米株式インデックス・ファンドが順調に伸びており、いずれ上位に食い込んでくるでしょう。

そのSBI・V・全米株式インデックス・ファンドは販売証券会社が限られていますが来月の資産増加が気になるところです。

 

タイトルとURLをコピーしました