つみたてNISA【2021年2月運用成績】楽天・インデックス・ファンド

スポンサーリンク
つみたてNISA

つみたてNISAの運用成績をブログで公開します。

先月も順調に波に乗って株価は上昇しました。
利益確定売りや米長期金利上昇による売りで、大きく下がってしまいましたが月初には反発戻しで上げている状況です。
日経平均株価に限っては1200円下げという暴落状態でした。

投資信託は約定日がズレていますので、作成した段階ではまだ高い状態となっています。

 

スポンサーリンク

つみたてNISAで運用中の投資信託

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド ←保有中(積立中止)
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド  ←積み立て中

楽天・全世界インデックス・ファンドに関しては途中から積み立てをストップして、楽天・全米株式インデックス・ファンドに全振りしております。
投資額は毎月積み立てで33,333円です。
運用開始は2018年1月からスタートしており、初期は満額投資しておりませんでした。

私はつみたてNISA以外にもiDeCo(イデコ)で積み立て運用しておりますが、こちらはeMAXIS Slim 先進国株式インデックスになります。

 

スポンサーリンク

つみたてNISA【2021年2月運用成績】

2月末時点でのつみたてNISAの運用実績は

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド:+49,351円 +34.03%
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド :+262,024円 +31.01%

損益 +311,376円 +31.45%となりました。
合計 1,301,396円になります。

 

2021年1月末時点でのつみたてNISAの運用実績は

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド:+37,539円 +25.89%
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド :+190,750円 +23.50%

 

全米株式インデックスファンドよりも、全世界インデックスファンドの方がより利回りが良くなっています。
以前は全米株式の方が率が高かったのですが、昨年末あたりから逆転しています。

損益に関しては3年ほどで30万も増えています。
非課税なので売却すればそのまま得られますから大きな差ですね。

30%上昇ですから、1000万分の保有口数があったなら、300万円相当です。

もちろん下げることも将来あるでしょうが、これほど資産を増やせる「つみたてNISA」ですので、お金がない人ほど行うべきですね。

日本人は現金の保有が多すぎます。それに比べアメリカは株や投資信託の資産保有割合がかなり多くなっています。

早く学校の授業で、お金教育が常設化すればいいですね。

 

つみたてNISA開始から現在までの成績

暴落でもない限りしばらくはプラスの赤一色で推移しそうですね。
日本株はコロナウイルスが落ち着いた頃に一巡して下げそうですが、アメリカ株はどうでしょうか。
コロナ禍で一人勝ちの中国に負けないでもらいたいです。

10年もすれば、アメリカを抜き中国が経済大国1位になるとか言われていますが、中国がTOPと言うのはやはり怖いものです。

 

iDeCoのeMAXIS Slim 先進国株式インデックス

私は、iDeCoではeMAXIS Slim 先進国株式インデックスを毎月拠出しております。

こちらは、つみたてNISAほどの金額を毎月積み立てていませんので少ししか貯まっていませんが、損益率は+17.3%となっています。

iDeCoの拠出期間約2年ほどで毎月1万円です。
できることなら上限いっぱいまで積み立てたいのですが、今は残念ながらそこまでできていない状態です。

iDeCoに関しては、つみたてNISAよりも積立期間が長くなるのでアメリカのみではなく先進国を選択した次第です。
ただもうすでにS&P500に変えたい衝動が抑えられないのですが、つみたてNISAとは違ってスイッチングができるので余計悩む日々を過ごしております。

 

まとめ

今回も引き続き順調に推移していますので安心して見ていられます。

できれば今年か来年には妻にもつみたてNISAを勧めて、始めていければいいなと思っています。
その際にはまた、了解の上公開していきたいと思っています。

 

つみたてNISA【2021年1月運用成績】楽天・インデックス・ファンド

iDeCoは加入すべき?メリット・デメリットも説明します!

タイトルとURLをコピーしました