IPO投資|Sharing Innovations IPO上場承認!(4178)

スポンサーリンク
IPO投資

Sharing Innovations [シェアリングイノベーションズ]がIPO承認されました。
Sharing Innovationsの上場日は3月24日(水)、東証マザーズです。
IPOのブックビルディング申し込み期間は、3/9(火)~3/15(月)となってます。
IPO当選発表日は、3月16日(火)です。

 

スポンサーリンク

Sharing Innovations [シェアリングイノベーションズ]

 

Sharing Innovationsの事業内容は、デジタルトランスフォーメーション(DX)事業・プラットフォーム(PF)事業です。

 

ITエンジニアの教育・育成で日本の発展と生産性向上を牽引する

2017年末に発表されたOECDデータによると、日本の労働生産性はOECD加盟国35カ国中20位。
先進7カ国で比較すると37年連続で最下位という結果となりました。
そんな中、今後の生産性向上の鍵は、最新のテクノロジーを駆使して多様な作業をIT化することにあると我々は考えます。

しかし、そのIT化を担うITエンジニアの日本における不足は深刻で、経済産業省の調査によると、2030年には最大で79万人のITエンジニアが不足すると予測されています。

Sharing Innovationsでは、これまでも様々なソフトウェアやシステムの開発を行って参りました。

今後は、さらに加速する技術トレンドを的確に捉え、クラウドインテグレーション、データ分析、AI等に関連するエンジニアの教育・育成、サービスの開発を積極的に行い、お客様への最適なソリューション提供を通じて、日本のIT化を牽引する存在になるべく成長して参ります。
Sharing Innovations HPより

スポンサーリンク

Sharing InnovationsのIPO情報

 

企業名 株式会社Sharing Innovations
上場市場 東証マザーズ(4178)
企業URL https://sharing-innovations.com/
抽選申込期間 3/9~3/15
上場日 3/24
公開株数 1,060,800株
想定価格 2,670円
仮条件
主幹事 SBI証券
SBI証券幹事 あり
幹事証券会社 野村証券、みずほ証券、SMBC日興証券、エース証券、岩井コスモ証券、松井証券

一部既存株主には180日間のロックアップがかかっております。
筆頭株主にロックアップがかかっておりますので安心できます。

Sharing Innovationsは、マザーズ中型案件で公開株数はそこそこの量があり、想定価格も高くなっています。
業績も良く、運良く当選できたなら大きな利益を得られるでしょう。
ただ、SBI証券が主幹事のため資金量で圧倒的な差が付くため、落選ポイント狙いになってしまいそうです。

IPOチャレンジポイントのキャンペーンの行われていますので、ポイントを使用するにしても300台では当選できなさそうです。

 

 

IPO株って何?今からやっても儲かるの?2年経ったので報告します!
「IPO投資」ってご存じですか? 簡単に言いますと「お金を増やせる確率が高い株の抽選」。宝くじのようなものです。 宝くじは購入に1枚数百円必要ですが、IPOは購入手数料はかかりません。 手数料無料の抽選で、当たれば高い確率で利益が出ま...

 

タイトルとURLをコピーしました