つみたてNISA【2020年11月運用成績】楽天・インデックス・ファンド

スポンサーリンク
つみたてNISA

つみたてNISAの運用成績をブログで公開します。

米大統領選挙はバイデン氏勝利にほぼ終わり、政権交代に向けて徐々に進んでいます。
大統領選の決着と新型コロナ新薬の開発期待で、ダウがとうとう30,000円代に突入し、私の保有つみたて資産、楽天インデックスファンドも大きく増えています。
今後、米株価がどこまでいくのか楽しみですね。

 

スポンサーリンク

つみたてNISAで運用中の投資信託

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド ←保有中(積立中止)
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド  ←積み立て中

楽天・全世界インデックス・ファンドに関しては途中から積み立てをストップして、楽天・全米株式インデックス・ファンドに全振りしております。
投資額は毎月積み立てで33,333円です。
運用開始は2018年1月からスタートしており、初期は満額投資しておりませんでした。

私はつみたてNISA以外にもiDeCo(イデコ)で積み立て運用しておりますが、こちらはeMAXIS Slim 先進国株式インデックスになります。

 

スポンサーリンク

つみたてNISA【2020年11月運用成績】

11月末時点でのつみたてNISAの運用実績は

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド:+28,371円 +19,56%
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド :+144,994円 +19,46%

損益 +173,366円 +19,48%となりました。
合計 1,063,424円になります。

 

10月末時点はこうでした。

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド:+13,190円 +6.16%
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド :+73,397円 +7.41%

 

10月末から11月末で含み益が倍になりました。
そしてとうとうつみたてNISAの保有資産が、100万円を超えて106万円となりました。

毎月33,333円をつみたて続けることでようやく、一つの壁に到達です。
最終的には1,000万円はもちろんのこと、1,500万を超えることができればありがたいです。
不可能な数字ではありませんが、アメリカの成長と解約時のタイミングが大事ですね。

 

つみたてNISA開始から現在までの成績

先月までは、時価評価額が100万円に届くか微妙でしたが、早くも11月末で到達しました。
ここから大暴落の可能性もありますが、おそらく100万円キープは固そうです。

 

最近、本屋でつみたてNISAやiDeCo関連の書籍が多く並んでいます。
貯金や節約書籍には必ずと言っていいほど、つみたてNISAやiDeCoについての内容が書かれています。

どちらも1人1口座しか持てませんが例えば夫婦で利用した場合、将来かなり大きな資産を築けるでしょう。

某証券会社つみたてシミュレーションで計算すると、毎月33,333円を20年間7%で運用できたとすると、約1700万円に増加します。(元本は約800万円)

含み益の約900万円は非課税ですし、夫婦それぞれ同内容で運用していれば約3400万円もの資産になります。

もちろん7%の運用や毎月66,666円はきびしい数字かもしれませんが、届かない数字ではありません。

金額は少額から始めることができますので、まだの人は今すぐ資料請求から始めましょう!

つみたてNISA(積立NISA)とは?初心者でも簡単長期投資!今はお金に働いてもらう時代!

 

つみたてNISAの利用状況調査

金融庁が出している、つみたてNISAの利用状況調査表です。

20歳代も多く口座を保有していますが、やはり30歳代40歳代が多くなっていますね。

 

99.9%が投資信託で、その内インデックス投信が75%になっています。

長期運用資産のため、インデックス投信が人気なのでしょう。

 

まとめ

米国株高に乗り順調に保有資産評価額が増えています。
株なので上げ下げがありますが、100万円代に乗ったことはうれしく思っています。
引き続き、楽天株式インデックスファンドを積み立てていきます。

 

 

つみたてNISA【2020年10月運用成績】楽天・インデックス・ファンド
つみたてNISAの運用成績をブログで公開します。 10月は9月に引き続き、含み益が減少しております。 新型コロナウイルスや米大統領選の影響により米株価は下落しており、ダウ平均はここ4日間で約1800ドルもの下げで3か月ぶりの安値とな...
タイトルとURLをコピーしました