IPO投資|Kaizen Platform IPO上場承認!(4170)

スポンサーリンク
IPO投資

Kaizen Platform (カイゼン プラットフォーム)がIPO承認されました。
Kaizen Platformの上場日は12月22日(火)、東証マザーズです。
IPOのブックビルディング申し込み期間は、12/7(月)~12/11(金)となってます。
IPO当選発表日は、12月14日(月)です。

 

スポンサーリンク

Kaizen Platform (カイゼン プラットフォーム)

 

Kaizen Platformの事業内容は、サイトソリューション事業(企業のDX推進を支援するプラットフォームとサービスを提供)等です。

 

当社グループは、「世界をKaizenする」をミッションに事業を行い、企業のDX推進を支援するプラットフォームとサービスを提供しております。
具体的には、クライアントのサービスをわかりやすく、使いやすくすることで、KPIを改善するUXソリューションと、5G(第5世代移動通信システム)時代の動画制作プラットフォームを提供する動画ソリューションを主なサービスとして展開しております。
さらに、これらの2つのソリューションを発展させて、クライアントのDXをトータルサポートする、DXソリューションを今年度より立ち上げ、その展開を本格化しております。

UXソリューションでは、クライアントのWebサイトのUI改善に関するコンサルティングを提供するだけでなく、分析やパーソナライズが容易に実装可能になるツール提供も行い、UXを向上させるための戦略立案から
施策実施までに必要な機能をワンストップで総合的に提供しております。
また、動画ソリューションでは、紙媒体やデジタル媒体問わず、既存の素材をもとに早くかつ高品質でリーズナブルな価格での動画の制作を行っております。

Kaizen Platform目論見書より抜粋

 

 

スポンサーリンク

Kaizen PlatformのIPO情報

企業名 株式会社Kaizen Platform
上場市場 東証マザーズ (4170)
企業URL https://kaizenplatform.com/
抽選申込期間 12/7~12/11
上場日 12/22
公開株数 5,760,600株
想定価格 1,100円
仮条件
主幹事 SBI証券
SBI証券幹事 あり
幹事証券会社 クレディ・スイス証券、大和証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、みずほ証券、岡三証券、エイチ・エス証券、岩井コスモ証券、極東証券

一部既存株主には90日間180日間のロックアップがかかっておりますが、90日間は公開価格1.5倍で売却の可能性があります。

調達資金の使途は、人件費・マーケティング費に充当される予定です。

Kaizen Platformは、中規模の案件で公開株数は多めとなっています。
ウェルスナビ同様ベンチャーキャピタルの売りが影響し大きく上昇はなさそうです。
また、同日にウェルスナビ含む2社上場予定のため、その影響もあり初値はそこそこ上昇となりそうです。

 

 

IPO株って何?今からやっても儲かるの?2年経ったので報告します!
「IPO投資」ってご存じですか? 簡単に言いますと「お金を増やせる確率が高い株の抽選」。宝くじのようなものです。 宝くじは購入に1枚数百円必要ですが、IPOは購入手数料はかかりません。 手数料無料の抽選で、当たれば高い確率で利益が出ま...

 

タイトルとURLをコピーしました