つみたてNISA【2020年10月運用成績】楽天・インデックス・ファンド

スポンサーリンク
つみたてNISA

つみたてNISAの運用成績をブログで公開します。

10月は9月に引き続き、含み益が減少しております。
新型コロナウイルスや米大統領選の影響により米株価は下落しており、ダウ平均はここ4日間で約1800ドルもの下げで3か月ぶりの安値となっていました。

新型コロナウイルスについては、まだまだ収束には向かっておらずフランスでは再度ロックダウンとなりましたので、これからも株価の上下が激しくなりそうですね。

 

スポンサーリンク

つみたてNISAで運用中の投資信託

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド ←保有中(積立中止)
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド  ←積み立て中

楽天・全世界インデックス・ファンドに関しては途中から積み立てをストップして、楽天・全米株式インデックス・ファンドに全振りしております。
投資額は毎月積み立てで33,333円です。
運用開始は2018年1月からスタートしており、初期は満額投資しておりませんでした。

私はつみたてNISA以外にもiDeCo(イデコ)で積み立て運用しておりますが、こちらはeMAXIS Slim 先進国株式インデックスになります。

 

スポンサーリンク

つみたてNISA【2020年10月運用成績】

10月末時点でのつみたてNISAの運用実績は

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド:+13,190円 +6.16%
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド :+73,397円 +7.41%

損益 +61,701円 +7.2%となりました。
合計 918,362円になります。

 

長期つみたてのため特に気にすることではありませんが、年内合計100万円に到達したいと思っていましたがどうなることでしょう。

あと2回の買い付けがありますので、66,666円は追加されますが、現状ではギリギリ足りません。

100万円到達には米大統領選挙の行方が気になるところで、トランプ氏とバイデン氏のどちらかが、圧勝という結果であれば早期収束で株価は落ち着くとみられていますが、もし僅差で長引く場合、大きく下げる可能性があります。

過去の大統領選挙でも、激戦となった場合S&P500種の株価指数が大きくさがりました。

トランプ氏が勝てば米株価は大きく上がりそうですね。
中国よりのバイデン氏よりも、私はトランプ氏の方がいいような気がしています。

 

つみたてNISA開始から現在までの成績

上記、つみたてNISA開始当初からの年評価になります。
年間40万円しか積み立てることができないので、月単位ではあまり大きくうごきません。

私は、現在SBI証券で楽天・全世界インデックス・ファンドを積立していますが、どう考えても無駄なことをしています。

SBI証券が好き(IPO投資のチャレンジポイントがあるから等々)なので、もうあえて分けて開始しましたが、付与されるポイントも含めた利回りまで計算すると楽天証券にNISA口座を移管した方が得です。

SBI証券で積み立てるなら、コストが安く勢いのあるSBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドを選んだ方が良さそうですし、楽天・全世界インデックス・ファンドのままなら、楽天証券に移管した方がお得でしょう。

ただ、移管は少し手間がかかり、つみたてNISA口座を別の金融機関に変更する場合は、変更したい年の前年の10月から変更したい年の9月30日までに手続きをする必要があります。
また、今まで積み立てたNISA商品は移管先に持っていけないので、別々での保有になってしまいます。

SBI証券で始めたつみたてNISA(楽天・全世界インデックス・ファンド)ですが、今さらながら移管すべきか悩む日々を過ごしております。

 

まとめ

新型コロナウイルスと米大統領選挙の影響で今月も含み益が下がっていますが、プラスの状態で引き続き積み立てています。

大統領選挙の結果次第でさらに下がる可能性もありますが、引き続き楽天・全世界インデックス・ファンドを積み立てていきます。

つみたてNISA【2020年9月運用成績】楽天・インデックス・ファンド

つみたてNISA(積立NISA)とは?初心者でも簡単長期投資!今はお金に働いてもらう時代!

 

タイトルとURLをコピーしました