つみたてNISA【2020年9月運用成績】楽天・インデックス・ファンド

スポンサーリンク
つみたてNISA

つみたてNISAの運用成績をブログで公開します。

9月は8月から含み益が減る形になりました。
ここ最近の下落は大統領選の行き先不透明で利益確定の動きが出たのかもしれません。
これから先、アメリカの大統領選に向け株価が大きく上下しそうですね。

 

スポンサーリンク

つみたてNISAで運用中の投資信託

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド ←保有中(積立中止)
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド  ←積み立て中

楽天・全世界インデックス・ファンドに関しては途中から積み立てをストップして、楽天・全米株式インデックス・ファンドに全振りしております。
投資額は毎月積み立てで33,333円です。
運用開始は2018年1月からスタートしており、初期は満額投資しておりませんでした。

私はつみたてNISA以外にもiDeCo(イデコ)で積み立て運用しておりますが、こちらはeMAXIS Slim 先進国株式インデックスになります。

 

スポンサーリンク

つみたてNISA【2020年9月運用成績】

9月末時点でのつみたてNISAの運用実績は

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド:+13,190円 +9.1%
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド :+73,397円 +10.82%

計、+86,587円 +10,52%となりました。

先月の含み益が127,000円ですから、40,000円ほどの差になります。
これから先投資金額が大きくなっていくと、数十万単位の上げ下げが頻繁に起こり得るので、よく理解せず続けている人は注意が必要ですね。
いずれ積立期間中に数十万マイナスが続く日もあるでしょう。
積み立て17、18年目の時に数十万マイナスだと、誰もあわてそうですね。

iDeCoと違いスイッチングできないので、出口戦略は早めに検討しておかないといけません。
20年過ぎて通常口座で運用するならそれも方法ですが、学資貯金や20年前後を目当てで積み立てている人は特に要注意です。

 

つみたてNISA開始から現在までの成績

まだ初めて2年程しか経っていませんので、大きな動きはありません。
このままブログを続けて、5年程になったころには毎月の差が大きく出て見ていても変化があるでしょう。

楽天・全米株式インデックス・ファンドですが、この一か月で純資産が10億円増加し1350億円となりました。
ちなみにですが、eMAXIS Slim米国株式 (S&P500)は純資産98億円ほど、SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドは65億円ほどの増加となります…。

楽天・全米株式インデックス・ファンドには頑張ってもらいたいですね。

 

ちなみに楽天・全米株式インデックス・ファンドですが、

当ファンドは、米国株式市場の動きをとらえることを目指して、CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)に連動する投資成果を目標として運用を行います。

楽天・全米株式インデックス・ファンド目論見書より

となります。

S&P500は、その名の通り500社ですが、楽天・全米株式インデックス・ファンドは、大小合わせた全アメリカ株式に投資しています。
パフォーマンスはS&P500とほぼ変わりませんが、小型株にも投資できるというのは素晴らしいことです。
これからもアメリカ経済には期待しています。

 

まとめ

今月は少し含み益が下がりましたが、楽天・全米株式インデックス・ファンドは問題なく運用されています。

各S&P500のファンドに押されながらも、このまま積み立てていきます。
ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました