IPO投資|Branding Engineer IPO上場承認!ブランディングエンジニア(7352)

スポンサーリンク
IPO投資

Branding Engineer [ブランディングエンジニア]がIPO承認されました。
Branding Engineerの上場日は7月7日(火)東証マザーズです。
IPOのブックビルディング申し込み期間は、6/22(月)~6/26(金)となってます。
IPO当選発表日は、6月29日(月)です。

管理人はIPO当選ナシでした。

スポンサーリンク

Branding Engineer [ブランディングエンジニア]

Branding Engineerの事業内容は、企業に対してエンジニアリソースの提供を行うMidworks事業、メディア事業およびプログラミングスクール運営などとなっています。

メディア事業では、IT人材向けのライフスタイルマガジン「Mayonez」やビジネスマンのための知恵や知識などを発信する「Tap-biz」の企画開発・運用を行っています。

エンジニア人材事業では、ITエンジニアのキャリアを教育から独立までワンストップでサポートするサービスを展開しています。

エンジニアリングコーディネート事業では、クライアント企業のシステム開発の要望に対して多面的にサポートしています。

 

代表者の河端保志氏は30代前半と若く、会社設立日も2013年と若い会社になります。

主要取引先は、リクルートやソフトバンク、サイバーエージェント等となっています。

 

スポンサーリンク

Branding EngineerのIPO情報

企業名 株式会社 Branding Engineer 東証マザーズ (7352)
企業URL https://b-engineer.co.jp/
抽選申込期間 6/22~6/26
上場日 7/7
公開株数 436,200株
想定価格 440円
仮条件 450円~490円
主幹事 SBI証券
SBI証券幹事 あり
幹事証券会社 SBI証券、大和証券、みずほ証券、あかつき証券、エイチ・エス証券、
エース証券、岡三証券、極東証券、東洋証券、楽天証券、マネックス証券、水戸証券

既存株主には90日間・180日間のロックアップがかかっております。

調達資金の使途は、本社移転費用、広告宣伝費用、人材採用費に使用されるようです。
Branding Engineerは年々業績が拡大しており、今期も大きく黒字になりそうです。

小型案件で想定価格も低く当選できる株数も少ないため、当選すれば利益は間違いないと思われます。
ただし、主幹事がSBI証券のため資金力で当選の差がかなり開くので、少額の資金ではなかなか当選が難しいと思われます。
外れてもSBI証券のipoチャレンジポイントは貯まるため、申し込みは必ずしましょう。

 

IPO株って何?今からやっても儲かるの?2年経ったので報告します!
「IPO投資」ってご存じですか? 簡単に言いますと「お金を増やせる確率が高い株の抽選」。宝くじのようなものです。 宝くじは購入に1枚数百円必要ですが、IPOは購入手数料はかかりません。 手数料無料の抽選で、当たれば高い確率で利益が出ま...

 

タイトルとURLをコピーしました