お金が貯まらない人必見!簡単に貯金ができる5つの方法をご紹介!

スポンサーリンク
節税術

お金を貯めたいのに全然貯金できない。それどころかどんどん減っていってしまう。
使ってないはずなのに財布の中はいつも小銭だけ…
そんな方でもちょっと変えるだけで貯金できる体質になれます。
今日からできる貯金のコツを簡単にお教えします。

 

スポンサーリンク

お金の貯まらない人の特徴

なかなかお金が貯まらない人には同じような特徴があります。

  • 余った分だけを貯金する。
  • あるだけ使ってしまう。
  • 買い物の際に予算を決めず衝動買いが多い。
  • どれだけ使ったかを把握していない。

入ってくる分(収入)が少ないから貯まらないのではなく、出ていく分が多いため貯金することができていません。
もちろん、収入が多い人の方が目標貯金金額に到達するのは早いですが、収入が少ないからと言って貯まらないことはありません。
出ていく分(支出)を減らし、決まった分貯金ができればいずれ目標に到達します。

 

スポンサーリンク

お金が貯まる5つの方法!

1、収支の把握する。生活のコストを理解する。

まずはお金がいくら入ってきて、いくら出ていくのかを知る必要があります。
入ってくるのは給料明細等を確認すればわかりますが、税金の変動や残業代などで毎月変動がある場合もあります。
出ていく金額については、固定費(家賃や通信費など)と変動費(食費や交通費)の確認や何にどれだけかかっているのかも確認したいところです。

全て細かく確認できないにしても、大まかに大きな金額だけでもいいので確認しましょう。

固定費:家賃、住宅ローン、通信費、保険料、教育費、小遣い、ローン等
変動費:食費、交通費、医療費、交際費、ガソリン代等

2、貯金の目標金額を設定する。

目標なく貯金し続けるのは難しいものです。
決まった金額に向けて貯金していけば、貯まった時の達成感も得られますし、貯金具合を確認すればその過程も楽しめます。

あまり大きな金額設定にせず、まずは50万100万から目標に貯金しましょう。
また、この期間まで毎月〇万円貯金し続けるなんて方法もいいでしょう。

3、支出を減らす。

家計の見直しで大事なのは固定費を削減することです。
食費などの変動費もできれば減らしたいところですが、固定費は一度減らせばあとはずっと減ったままでいけます。
家賃やローン、通信費や保険料など大きなところから見直ししましょう。

また、衝動買いはできるだけ減らしましょう。
一旦落ち着いて、一度本当に必要か検討してから購入するなり見送るなりしましょう。
検討した結果売り切れてしまっていても、それは縁がなかったものとしてあきらめましょう。

4、決まった金額を先取り貯金する。

貯金は毎回自分で分けることができればいいのですが、気の緩みがあると使ってしまう可能性があります。
出来ることなら、給料天引きや積立貯金などで先取りして強制的に貯金すると、残った金額で生活できるようになります。
ややこしいことが苦手な場合は、毎月別の貯金用口座に分けて貯めていくことをおすすめします。

5、貯金癖ができればさらに一段階上げる。

貯金も慣れてくると生活リズムができ、貯金も楽しくなってきます。
一定の目標を達成できた場合、そこで終了せず次の段階に進みましょう。
目標金額を100万円から200万円に増加したり、月々の貯金する額を増やしてさらなる貯金に励みましょう!

ただし、無理に金額を上げすぎると生活ができなくなったり、ストレスがたまって衝動買いに走るなど、本末転倒にならないようにしてください。

スポンサーリンク

 

おすすめの貯金方法

おすすめの支出削減ポイント

出ていくお金を減らすにはまず、固定費から見直ししましょう。
食費を月5000円減らすとなると、例えばお米が10kg分ほど無くなってしまう上、毎月努力し続けなければなりません。
ですが、例えば保険の見直しをして無駄を省き、安い保険に入り替えればあとは簡単です。毎月の引き落としが減ります。
最初の少し手間はかかりますが、効果が大きく後が楽な固定費の見直しから始めましょう!

住宅ローンの見直し…昔に入った高い金利の状態であれば、今ならほぼ0金利のためローンのかけかえで大幅に抑えることができるかもしれません。

各種保険の見直し…家族の生命保険はもちろん、自動車保険や火災保険など、余計な保障を契約している可能性もあります。
ネット系保険会社に変更することもそうですが、必要以上の大きな死亡保障など無駄を省きましょう。

通信費の見直し…家族が多いほど見直し時の金額が大きく下がります。
通信プランの見直しや格安スマホ(SIM)に変更すれば、こちらも固定費削減できます。
「マイネオ」や「UQモバイル」などに相談しに行くこともおすすめです。

おすすめの貯金方法

これはいかに引き出さないようにするかがポイントです。
簡単に引き出せるとついつい使ってしまいます。
最初の手間はかかりますがまずは一歩踏み出しましょう。

自動積立定期貯金…自動積立定期預金とは、毎月決まった日に毎月決まった金額を、普通預金口座から「自動積立」する預金です。
自分で口座間を移動させて貯金する必要がないので、どんどん貯まっていくことでしょう。

給料天引きで貯金…勤務先が金融機関と提携して、給料やボーナスから給料天引きでお金を貯める制度です。
こちらも勝手に引き落として貯金できるので、いつの間にか貯まっているうれしい制度です。利用できる場合は使ってみましょう。

別口座貯金…給料が入ってくる口座とは別に貯金口座を作る方法です。
この方法は簡単に貯金を始めることができますが、引き出すことも簡単なため少し強制力が弱く貯金できない可能性もあります。
自分で管理できるため、どうしても貯金できない月など対応し易いです。
結婚貯金や自動車貯金など、自分で何のための貯金か決めていれば頑張りやすいかもしれません。

支出を減らしてがっつり貯金!これを変えるだけで月3万円貯まる!

つみたてNISA(積立NISA)とは?初心者でも簡単長期投資!今はお金に働いてもらう時代!

 

まとめ

入ってくる分(収入)は簡単に増やすことはできませんが、出ていく分(支出)は削減することができます。
固定費や変動費など人によっては、減らせる減らせないなど項目が違うと思いますので、できるところから見直ししていきましょう。
けちけち生活ではなく、無駄を省くだけで大きく貯金できると思います。
まずは一つから変えてみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました