20代30代女性の医療保険選びは間違えてはいけない。無駄を省いてシンプルに!

スポンサーリンク
医療保険

みなさんはどんな医療保険に加入しているでしょうか?
ポストに入っていた県民共済申込書で入った方。ネットで一番人気の医療保険に入った方。保険販売員に勧められるがままに入った方。

どれも間違いはありませんが、無駄な保障は無駄な保険料支払いになります。
また、一度入った保険は結婚や出産、転職などイベントがないとなかなか見直さないものです。
このブログをきっかけに今は入っている医療保険の見直しや、新規加入の際の参考にしてください。

 

スポンサーリンク

まずなぜ間違えてはいけないか。

女性に限らず医療保険などの保険は、一度入ってしまうとなかなか見直しすることはありません。
イベントのタイミングで見直しすることはありますが、20代30代の方が加入後、次の見直しをするときは、近い親族・友人が病気になったときや仕事を辞める時等まで放置されることが多くあります。
ちゃんと入っているつもりでもいざ病気の時に役に立たない内容であったり、どんどん更新で保険料が高くなっていく内容かもしれません。

家庭を持つ場合、主に男性が世帯主であることが多く、子どもができたタイミングやマイホームを購入したタイミングでの保険の見直しは、世帯主だけである場合が多くあります。
保険について前向きに検討される場合は別ですが、まだまだ女性の保険は若いうちになんとなく入ったままで継続されるケースが多いです。

そのため、最初から無駄のない保障で加入できれば一生涯、もしくは次の見直しまでそのままでも安心できます。
めんどうかもしれませんが最初の入りはしっかり検討することをおすすめします。

 

スポンサーリンク

どういう医療保険がおすすめなのか?

しっかりした医療保険を1つ持っておきたい人には終身型。
将来の出産の備えやお金が貯まるまでの間だけなら定期型。

大きく分けると上記2通りになります。
このどちらにも、女性疾病特約を付加することをおすすめします。

保険料重視であれば定期型保険の方が保険料が安くなりますが、更新のたびに保険料が上昇し、いずれ終身型よりも高くなります。
定期型はあくまでも定期保障であると割り切るのがいいでしょう。

また、貯蓄型の保険よりもかけすて型の医療保険の方がおすすめできます。
病気にならなければ無駄なお金だったと思われますが、安心を買うということに合わせて保険料の支払いは小さくして、差額は生活費や貯金、投資にまわす方が無駄がなく管理しやすいと思います。

どの医療保険に関しても注意して頂きたいのが、重い病気になってしまった場合です。
病気になってからでは見直しや新規契約ができないことが多く、あの時もっと入っておけばよかったとなることがあります。
若いうちは定期型で、定年間近に見直しをと考えていても病気で入れなければ、定期型の高い保険料で続けるか、保障なしで行くかとなる可能性があります。

自分には絶対に医療保険が必要だと思うなら終身型、今はまだわからないが近い将来考えなおすなら定期型。
何度も検討するのが嫌なら、しっかり最初に選んでおき終身型に入るのが良さそうです。

自分には定期型が向いているか、終身型が向いているか、よく考えて申し込みしましょう。

おすすめは女性疾病保障付、かけすての医療保険。
終身型か定期型かはそれぞれ検討しましょう。

 

女性疾病保障特約はどんな保障なのか?

その名前の通り女性だけが付加することができる特約になり、主に女性特有の病気で入院した際や手術した際に保障される特約になります。

保障の対象となる疾病は主に、乳がんや子宮がん、子宮筋腫、リウマチ、帝王切開や早産など妊娠、出産にまつわる症状も保障されます。

この女性疾病保障特約は、保険会社によってはない場合もありますが、とても範囲が広く女性特有の病気以外でも保障されることもありますので、付加することをおすすめします。

女性疾病保障特約の保障種類

女性疾病保障特約は、各保険会社医療保険の種類によってさまざまで、女性特有の病気で入院したときのみ上乗せ保障されるものから、手術保障、放射線治療保障も付加される女性特約もあります。
また、終身医療保険に付加する形でも女性特約は更新型など保障期間にも違いがあります。

スポンサーリンク

 

女性の医療保険は女性疾病保障特約ありなしで大きく変わる

医療保険に女性疾病保障特約を付加できるのは女性だけであり、男性疾病保障特約は今のところありません。
シンプルな医療保険だけでよければ、保障の内容は各社大きく違わないので保険料の安いところを選べばいいと思います。

ですが、女性疾病保障特約を付加する場合は違ってきます。
単純に入院の上乗せ保障だけで保険料を安くするのか、女性特約についてはしっかり保障されている内容で加入したいのか。
各社医療保険によって大きく違い、女性特約を付けることでおすすめの保険会社が変わってきます。
保障の内容が多い女性特約の方が保険料は高くなります。

例えばランキングで常に上位のオリックス生命の「CURE Lady」
ここの女性疾病保障は入院の上乗せのみの女性入院特約になります。

次に、日本生命グループのはなさく生命の医療保険「はなさく医療」
入院保障の上乗せに加え、手術保障も上乗せになります。
このはなさく生命は2019年4月にできた新しい保険会社ですが、はなさく医療の保障内容が良く、保険料も安いので女性におすすめできます。

そして、三井住友海上あいおい生命の医療保険「A(エース)プレミア」
女性疾病特約の保険料は高くなりますが、保障が充実しており、入院手術の上乗せ保障に加え、放射線治療も保障に追加されています。
また、別の女性特約として出産・不妊治療に備える保障もあります。
[女性必見]安心できる医療保険「新医療保険Aプレミア」

このように各社医療保険によって女性疾病保障特約は違います。

損得?医療保険の保険料と給付金の差を検証。30歳女性版!
医療保険は必要でしょうか? 病気・ケガの際にあってよかったという方もいれば、ずっと健康でいらなかったという方もいます。 それぞれその人によって必要不必要は変わりますが、ここでは医療保険の保険料と給付金の差を検証してみたいと思います。 ...

 

まとめ

保険は一度契約するとなかなか見直すことがありません。
20代30代女性は出産の可能性もありますし、女性特有の疾病も患うかもしれません。
多くの方は、実際入院手術など請求することにならないと保険の実感がわきませんが、この年代の時に無駄のない保障、自分に合った内容で契約できれば安心できます。
また、少し保険料が上がりますが女性特約の付加も合わせて検討してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました