[2020年版] おすすめのがん保険ランキングBEST3!

スポンサーリンク
がん保険

現在多くの保険会社からがん保険が販売されていますが、どのがん保険がおすすめなのか私なりに3商品選びご紹介します。
本来はその人にあった内容のがん保険を選択した方がいいのですが、じっくり検討している時間がない人もおられるでしょう。
おすすめの理由や目安の保険料をのせていますので、がん保険を選ぶ際の参考になれば幸いです。
(見積りプランは3社近い保障内容になるよう調整して設計しています。)

 

スポンサーリンク

がん保険を選ぶポイント

そもそもがん保険が必要でしょうか。必要論、不要論さまざまで保険自体全くかけていない人もいます。
私自身は、大きなリスクになり得るがんは極力カバーしたいので、がん保険は必要と思っています。
資金に余裕があれば問題ないのですが、がんの治療費や治療に伴い収入の減少も補いたいのでしっかりかけています。

がん保険を選ぶにあたりおさえておきたいポイントがあります。

  • 三大治療の保障もしくは一時金がしっかりしているか
  • 悪性のがんになった後保険料の払い込みがなくなるか
  • 保険料が安いか(更新型ではないか)

大きなポイントは以上の部分です。
また、通院の保障や一時金の支払いも複数回保障があり、しっかり保障されていればとても安心できます。

 

おさえておきたいがん保険のポイントをもう少し詳しく

「がん三大治療」は、手術・放射線治療・抗がん剤治療の3つになります。
昔の治療は入院して手術が多かったですが、今は放射線や抗がん剤の治療が主になっています。

医療ドラマの「ドクター〇」でも、切る治療は時代遅れと言われていました。手術が全部時代遅れではないと思われますが、それほど変わってきているということです。
この三大治療に対する保障がしっかりあれば安心できます。

 

●「がん診断一時金(がん治療一時金)」についてもしっかり保障されているかが重要なポイントになります。
一時金保障は一括で大きな金額を受けとれるので、さまざまな治療や費用に使うことができます。

そのため充実した一時金保障があれば他の保障がなくても対応できますし、医療が進歩しさまざまな治療方法が出てきても一時金なら対応できます。

この一時金の保障ですが、一度受け取って保険自体が終了するなら一度きりと割り切れるがん保険ですし、複数回出るなら再発や転移にも備えることができますが、一度一時金を受け取って二回目以降はなく、保険料もそのまま変わらず払い続けるがん保険はおすすめはできません。(他の保障がしっかりしている場合は別)

 

●「保険料払込免除保障」はできるだけ付加して頂いた方が安心できる保障です。
付加すると保険料はそれなりに高くなりますが、悪性のがんと診断された以降保険料の払い込みなしで、保障は継続されます。

がんの治療中は大きな治療費がかかりますし、場合によっては治療による勤務体系の変化で給料が減少するかもしれません。
その時に保険料の払込みがないだけでも気持ちが違ってきます。

また、転移や再発がないのに以後も保険料を払い続けていると、受け取った保険金を分割で保険会社に返還している気持ちになります。
若いうちであれば特約保険料は高くないのでぜひ付加してください。

言うまでもありませんが保険料は安い方がいいです。高いからいい保険という訳ではありません。
少しでも安くいいがん保険を選んで加入することが大事です。

 

スポンサーリンク

おすすめのがん保険1位 「終身ガン治療保険プレミアムDX」

私の選ぶ第1位はチューリッヒ生命の「終身ガン治療保険プレミアムDX」です。
プレミアムDXは保障内容、保険料ともにバランスが良く、欲しい保障だけを選択できる自由度が魅力的です。

抗がん剤やホルモン剤の自由診療も保障対象であり、他のがん保障もしっかりしていて治療の選択肢が増え安心できるがん保険です。

他社がん保険の上乗せ保障としても良く、他社では対象外が多い自由診療の抗ガン剤・ホルモン剤保障の主契約部分だけを追加するということもできます。
主契約の放射腺治療給付金、抗がん剤・ホルモン剤治療給付金の保障は月額10万円・20万円・30万円と選択でき、大きながん保障を希望される方向けにも該当してくるがん保険。

ガン診断給付金は2年に1回とはいえ複数回支払いのため、数年後の再発や転移にも対応でき長引く治療にも安心できます。
また、女性の保険料が特に安く、女性はこのがん保険を選んでおけば安心と言えるほど保険料と保障が両立しているがん保険です。

もちろん男性にもおすすめできますが、保険料に関しては2位3位でおすすめするがん保険に負けています。
保障内容がいいため男性保険料が少し高くても総合で1位としました。

 

保険料払込期間:終身
保障内容:放射腺治療給付金、抗がん剤・ホルモン剤治療給付金:月額10万円、自由診療抗がん剤・ホルモン剤治療給付金:月額20万円、ガン手術特約:1回10万円、ガン先進医療給付金:通算2,000万円、ガン先進医療支援給付金:1回につき15万円、ガン診断給付金:100万円、悪性新生物保険料払込免除

保険料:
30歳女性:2841円、40歳女性:3445円、50歳女性:4137円
30歳男性:3209円、40歳男性:4365円、50歳女性:6522円

 

チューリッヒ生命の「プレミアムDX」は評判通りのいいがん保険!
チューリッヒ生命の終身ガン治療保険「プレミアムDX」。 某ガン保険のランキングで上位にあり、保険雑誌のプロ評価でも優秀ながん保険と評判です。 私もこの保険はとてもいいがん保険だと思っており、おすすめできます。 主契約が抗がん剤...

 

おすすめのがん保険2位 「がん保険ダブルエール」

第2位にはライフネット生命の「がん保険ダブルエール」を選びました。
このがん保険は何といっても保険料が安いこと。

そして、安いだけでなく保障もしっかり充実しているところが2番目におすすめするがん保険です。

ダブルエールは3つのタイプから自分に合った保障を選択する分かりやすい形で、そのうちのシンプルプランはがん診断一時金だけの保障であり、追加のがん保険としてもおすすめできます。
がん診断一時金は100万円~300万円の範囲で選択できます。

また、一番充実したプレミアムプランは「がん収入サポート給付金」が付加されており、がんと診断された翌年から治療の有無に関係なく生存を条件に毎年一時金を最大5回まで受け取ることができます。

がんの治療による収入の減少を補うことができるので、手厚い保障がご希望の場合はプレミアムプランを選択することで、安心が得られるでしょう。

3つのプランの中で私のおすすめはベーシックプランになります。
ペーシックプランよりもプレミアムプランの方が保障はもちろんいいですが保険料が高くなってしまいます。

月々の支払いと保障のバランスが取れているベーシックプランなら、納得の内容ではないでしょうか。
保険料保障のバランスのとれたいいがん保険ですが、上皮内がん保障が悪性がん保障一時金の50%支払いである点、抗がん剤が自由診療に対応していない点で2位としました。

 

保険料払込期間:終身
保障内容:がん診断一時金:100万円、治療サポート給付金:月10万円、がん先進医療給付金:通算2000万円

保険料:
30歳女性:2793円、40歳女性:3523円、50歳女性:4122円
30歳男性:2341円、40歳男性:3307円、50歳女性:5006円

 

大人気!ライフネット生命のがん保険はおすすめなのか?
CMでもよく流れているライフネット生命。保険料の安さ、加入の手軽さを売りに契約者数を伸ばしています。 そのライフネット生命のがん保険「ダブルエール」は、本当にいいがん保険なのでしょうか? ダブルエールはいいがん保険です。おすすめ...
スポンサーリンク

おすすめのがん保険3位 「ベストゴールドα」

第3位はFWD富士生命のがん保険「ベストゴールドα」です。

保険料については、女性は上位2社のがん保険より少し高くはなりますがそれでも安い保険料です。男性は1位のチューリッヒ生命のがん保険プレミアムDXより安く、2位のライフネット生命のがん保険ダブルエールより高い中間といった位置の保険料です。

FWD富士生命のがん保険ベストゴールドαは診断給付金が充実していて手厚い保障からスリムな保障までカスタマイズできるがん保険です。

主契約の悪性新生物診断給付金は最低10万円~最高300万円の設定ができ、2年に1回ではありますが回数無制限で、2回目以降の支払判定は通院したときでも対象となり、入院しない通院治療でも受け取れます。

また、抗がん剤・ホルモン剤治療、放射線治療の「がん治療給付金特約」は月額5万円~30万円まで選択でき、回数無制限と長引く治療にも安心できる内容です。

その他特約では、疼痛治療に対する「疼痛ケア給付金特約」や「女性がんケア特約」など保障の選択肢があり、必要に応じて選ぶことができます。

このがん保険は一時金保障を手厚く持っておきたい人におすすめできる内容になっています。

3位とした理由はおすすめできるがん保険ですが上位がん保険の方が、よりよかったということです。
保障内容は1位の「がん保険プレミアムDX」、保険料は2位の「がん保険ダブルエール」が良さそうです。

 

保険料払込期間:終身
保障内容:悪性新生物診断給付金:100万円、悪性新生物初回診断一時金:50万円、がん先進医療給付金:通算2000万円、がん先進医療一時金:がん先進医療給付金×10%相当額、上皮内新生物診断給付金:100万円、抗がん剤治療給付金・がん放射線治療給付金:月額10万円

保険料:
30歳女性:2910円、40歳女性:3717円、50歳女性:4566円
30歳男性:2655円、40歳男性:4077円、50歳女性:6280円

 

富士生命のおすすめできるがん保険「新がんベスト・ゴールドα」
多くのがん保険がある中でおすすめできる商品が「新がんベスト・ゴールドα」です! 2019年のオリコン顧客満足度調査終身がん保険ランキングで1位を取得しています。 このがん保険を販売している保険会社はFWD富士生命。 新がんベスト・...

 

※保険料は2020年2月時点での保険料試算になります。保険料、保障内容など現在のものと異なる場合がございますのでご了承ください。詳細は各商品HPをご確認ください。

がん保険は必要か?必要性やおすすめの保障をご説明します。

 

まとめ

以上、おすすめできるがん保険のランキングでした。
順位をつけていますが3社がん保険どれもとてもいいがん保険になりますので、この中なら安心して頂けるかと思います。

詳しい内容はホームページやパンフレットで分かりにくい場合、多くのがん保険を取り扱っている乗合代理店さんに相談するのもおすすめです。
この3社以外に合うがん保険が見つかるかもしれません。

 

タイトルとURLをコピーしました