がん治療費の自己負担が実質0円!SBI損保のがん保険とは?

スポンサーリンク
がん保険

先進医療も自由診療もかかった分だけ実額補償されるがん保険が、SBI損保から販売されています。
日額〇円支払いというがん保険が多い中、新しい形のがん保険ですがおすすめできるがん保険なのかご説明します。

 

スポンサーリンク

このがん保険はおすすめできるのか?

全ての人におすすめできるがん保険とは言えませんが、がん保険としては新しくいいがん保険です。

詳しくは下記でご説明していきますが、少し特殊ながん保険です。
かかった分だけ補償されるため無駄のないがん保険なのですが、デメリットもいくつかあるため、ちゃんと理解して契約して頂きたいがん保険です。
また、保険期間は更新型5年の保険になりますので、上昇していく保険料に注意が必要で、かけっぱなしで一生放置タイプの人には向いていません。

若い人は保険料が非常に安く、結婚や子供ができたタイミングなどで変更するまでの補償などと検討している人には向いています。
また、がん保険は加入しているけれど若いうちだけ手厚くしておきたい、などの追加のがん保険としてもおすすめできます。
逆に高齢層の保険料はとても高く、終身の掛け捨ての方が安い年齢帯もあります。
更新型のためずっとかけ続けていると、終身タイプのがん保険と総支払保険料が逆転し高額になることも多いので注意してください。

補償の内容はとても良く、先進医療や自由診療にも対応しているため安心できる内容です。
医療技術がどんどん進歩していますので、将来がんは簡単に治る病気になるかもしれません。
それを見越して更新型の安いがん保険で現状は対応しておくというのも、一つの方法ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

がん治療費の自己負担が実質0円のがん保険とは?

SBI損保のがん保険は「治療にかかった費用を実額補償」するがん保険になります。
治療費の自己負担が10万円であれば、その自己負担分10万円が保険から支払われるというものです。
とても合理的で無駄のない保険の仕組みになっています。
ただ、実質0円なので対象にならない部分もあり、「差額ベッド代」や「特別メニューの食事代」などになります。
特別室など高い個室に入った場合は支払い保険金から差し引かれることになりますね。
一般的な内容のがん治療であれば自己負担は0円で済むということです。

公的医療保険制度にて保障される金額は支払いの対象外です。
(高額療養費相当分等)

 

SBI損保のがん保険 補償内容概要

  • がん入院保険金 (主契約)
  • がん通院保険金 (主契約)
  • がん診断保険金 (特約)

この3つの補償からなるがん保険です。
とてもシンプルであり、わかりやすい補償内容です。
特約の「がん診断保険金」を付けるか付けないか。付ける場合は一時金を100万・200万・300万で選択するだけです。

がん入院保険金

がんの治療で入院したとき・入院中に手術したとき・先進医療や自由診療を受けたときに、治療にかかった費用を無制限に補償されます。
保険診療の場合は自己負担となる部分(高額療養費分はのぞかれる)が対象です。
高額療養費の金額は所得によって変わり、高所得の人ほど自己負担分が多いので、高所得の人はよりこのSBIのがん保険が向いていると思います。

 

がん通院保険金

がん通院保険金は、がんの治療で通院・通院による手術・通院で先進医療、自由診療を受けた時に対象となります。
通院日数に制限はありませんが、治療費用は最大で1000万円までの補償となります。(ただし、5年の更新ごとに1000万円に復元します)
また、セカンドオピニオン外来の費用も対象となります。

 

がん診断保険金

がん診断保険金は悪性新生物や上皮内新生物のがんと診断確定されれば、一時金で支払われます。
一時金の金額は100万円・200万円・300万円から選択でき、特約のため付加しないという選択肢もあります。
支払い回数は条件に該当すれば何度でも支払われますが、2年以内のがん診断では支払い対象外ですので注意してください。

上皮内新生物も悪性新生物と同額補償される点はとてもいいですが、一時金は2年経過後支払いなので、1年に1度支払いのがん保険と比べると残念な部分です。

 

スポンサーリンク

メリット・デメリット

メリット

  • 保険料がとても安い
  • がん治療の負担金が実質0円の補償内容
  • 自由診療も対象になる
  • 追加で一時金特約を付けることができる
  • ネットで申し込みができる
  • セカンドオピニオン外来の費用も補償される

 

デメリット

  • 5年更新なので保険料が上がっていく
  • 高齢層は保険料が高い
  • ネット申込みしかできない
  • 口コミには対応が悪いとのコメントがある
  • 自分自身でほぼ全て手続きを行うことになる
  • 契約年齢は満74歳までである

 

まとめ

SBI損保のがん保険は無駄がなくいいがん保険です。
このがん保険1本でがんの治療費を十分まかなうことができます。
ただし、5年更新で保険料が上がっていくことには注意してください。
昔からあるがん保険の保障内容とは違いますが、このSBI損保のがん保険のかたちが合う場合には、とてもいいがん保険だといえます。

 

タイトルとURLをコピーしました