がん保険は必要か?必要性やおすすめの保障をご説明します。

スポンサーリンク
がん保険

がん保険は必要でしょうか?コストパフォーマンスを考えてどうとか、医療保険の方がいいとか、さまざまな意見があります。
がん保険はがんの保障しかされない保険です。がんにならずに長く過ごされてる方も沢山おられます。

そんな中でがん保険の必要性についてご説明していきます。

 

スポンサーリンク

私はがん保険は必要であると考えます。

私はがん保険に加入しています。

多くのがんになられた方の声や、保険の内容を考えた上で必要と考えています。
家族はがんの系統ではありませんし、私は健康的に生活しています。
ですが、これからもいい保障がでれば追加しますし、見直しもします。
ずっと先の将来、がんは簡単に治る病気になるかもしれませんが、いつがんになるかもわかりません。

大きなリスクに、金銭的カバーができるがん保険は必要と思いませんか?

がん保険の保障の中でも、がん診断一時金・保険料払込免除の保障を特に私は必要と考えています。

がんという想定外の大きな出費に、がん保険で対応できる!

 

スポンサーリンク

がん保険という安心の価値

私自身、多くの方にがん保険のお話をさせていただいてきました。
これから加入されるご相談もあれば、すでに加入して何十年も経っている方もおられます。
その中で、がんに罹患した方も多くおられます。
がんになってこの先どうしたらいいのか、とても不安になられます。
治療のことはもちろん、病院はここでいいのか、治るのか、家族のことなど。

多くの不安の中、がん保険に加入していたことで、お金の心配が軽減すること・がんの情報が得られること。

少なくともこの2つは良いことです。
「加入していて本当に良かった」「がんの治療について他に相談できる所があって助かった」など、多くの方ががん保険に加入していたことを喜ばれます。
がんになるかならないかはわかりませんが、なってしまった時に少しでも安心できるなら、それだけでがんのいい薬になるかもしれません。

 

医療保険とがん保険の違い

医療保険は病気やケガの保障まであり、もちろんがんの保障も含まれています。
医療保険にはがん特約を付加することができ、よりがん保険に特化することができます。
中にはがんの保障を、まるごと医療保険に加えることもできる保険もあります。

がん保険はがんの保障しかありませんが、抗がん剤特約や診断給付一時金、放射線治療特約など、がん治療に特化した保障内容になります。

がん治療はお金がかかるので、医療保険では足りない保障をがん保険では保障できます。
また、がん保険には医療保険と違い、待ち期間という保障されない期間があることにご注意ください。

 

医療保険は、広く浅く。がん保険は狭く深くです。

 

コスパを考えるのはどうか

よく雑誌や保険サイトなどに、がん保険は保険会社が儲かる仕組みになっているとか、がんになっても払った以上はもらえないのでコスパが悪いなど書かれていることがあります。
確かに、がんにならなければ保険金は支払われませんし、年齢によっては非常に高い保険料になります。

ですが、何を目的に保険を検討されるのでしょうか。

保険は保険会社が儲かると言いますが、儲からない商品を顧客に販売する企業がどれほどあるでしょうか。
コストパフォーマンスを考えるのであれば、少しでも増える投資や運用をすればいいでしょう。
自分で保険の貯金ができればそれでいいかもしれません。
がんになれば貯金を崩し、ならなければ自由に使ったり、そのままお葬式代にもまわせるでしょう。

ただ、「いつ」「どれだけの費用」がかかるかわからない「がん」の保険はある方が安心できませんか?

狭く深くピンポイントでくるなら、そこだけを対策すればいい。

私はそう考えております。

スポンサーリンク

保障以外のサービスの重要性

がん保険には基本となる保障以外にも、付帯されているサービスがあることをご存じですか?
がんに罹患した際、医師や経験豊富な看護師に相談できたり、セカンドオピニオン紹介サービス等です。
電話や面談で相談でき、患者さん本人だけでなく、家族とともに話が聞けるので、

「本人の気持ちをそこで初めて聞くことができた」「家族の思いで気持ちが変わった」

と、とても喜ばれ、本人だけでなく家族のこころのケアにつながります。
実はこの付帯サービスが欲しいために、がん保険契約される方がいらっしゃるほどです。
また、セカンドオピニオンにより、切除するはずだった部位を温存できることになったなど、治療方法が全く違うケースもあります。
女性には特に喜ばれます。
がんに万が一なってしまった時に、安心できる保険(保障)に加入することが大事です。

 

がん保険の保障内容概要と今必要な保障

がん保険は主に

がん診断給付金
入院給付金
通院給付金
手術給付金
放射線・抗がん剤治療給付金
などに分かれます。

昔はがんの治療も長く入院して手術。という流れの治療が多くありました。
最近は、病院に長く入院させてくれないことや、仕事をしながら治療を受ける方も増え、通院で治療を行うことが多くなっております。
大腸がんの治療は内視鏡手術等、がん初期の手術の場合1週間も入院しないこともあります。

今のがん保障としては、通院給付金、放射線治療給付金、抗がん剤治療給付金などが重要です。
通院しながら放射線や抗がん剤で治療することが多く、何度も繰り返し治療することもあり、治療費が高額になることが多く、長く続くととても大きな負担になります。
高額療養費制度にうまく該当すれば還付を受けられますが、それでも月に数万円の支払いは続きますし、月をまたいでの請求であれば該当しない場合もあります。

昔のがん保険に入ったままでは、保険請求してもほとんど保険金が出ないかもしれません。

一度、契約している保険を確認してください。

 

保険料払込免除特約や年、歳満了の重要性

ご自身の加入している保険、または検討しているがん保険は何歳まで保険料を支払いますか?
終身払いや定額払いと呼ばれる払い方は、保険を[続ける限り保険料を支払う]払い方です。
月々の支払い保険料を抑えることができる一方、長くかければかけるほど支払い総額が大きくなります。
10年払済や60歳、65歳払済の払い方は、将来支払う保険料を一定の期間で支払う方法です。

A社のがん保険を30歳女性で契約、90歳までの期間を比べますと、

終身払い 月々3155円  60年間で2271600円

60歳払済 月々5145円  30年間で1852200円

と、保険料総額の違いが出てきます。

保険料払込免除特約は、がんと診断された場合など、一定の条件で保険料の支払いが免除され、以降の保障は継続するという特約です。
年齢にもよりますが月数百円程度です。

保険料払込免除の特約もなく終身払いの場合は、がんになっても支払いの終わりがなく、一生涯保険料を払い続けなくてはいけません。

がんの治療にお金がかかるのに、保険料まで払い続けているのは負担になりませんか?
これからがん保険に加入されるのであれば、免除の特約や払済の支払い方をご検討ください。

 

貯蓄があっても失いたくない

貯金があるのでがん保険は不要。保険用の貯蓄をしているので不要。
実は、この考えはがんに罹患したときに、苦しい思いをすることがあります。
もちろんとても多くの資産があれば安心してください。がん保険は不要でしょう。

みなさんはせっかく頑張って働いて稼いだお金を失いたくないですよね。
わかっていても貯まったお金を前に、減っていくのはとてもつらいです。

以前ある社長が、「がんにはならないし、貯金もあるからがん保険はいらない」とおっしゃっておられましたが、実際がんに罹患してしまった時に「勧められた時に入っておくべきだった」
と後悔されてました。

また「保険があれば治療方法の選択肢を広げられた」とのことでした。

すこし話がそれますが、大部屋でもいいから大丈夫と言われる方もおられますが、困ったこともあります。
周りがうるさいや寝られないということは想像できるかもしれませんが、他の大腸がん患者さんが腸にたまったガスを出す「ガス抜き」をされると、窓を開けていても強烈な臭いだ!とお聞きしたこともあります。

 

住宅ローンを組んでいれば団体信用生命保険にがん保障が付加されているかも!?

団体信用生命保険(団信)とは、住宅ローン返済中に万が一のことがあった場合、保険金が支払われ、残りの住宅ローンが弁済される保険です。

この団体信用生命保険にがん特約が付加されている場合があります。

がんと診断されると加入内容によりますが、残りの住宅ローンの支払いがなくなります。
住宅ローンという大きな負担が減るため、がんに罹患しても負担が軽減されます。
がん特約付きの団体信用生命保険に加入されていれば、新しくがん保険に加入しなくても大丈夫かもしれません。

もし、別に加入される場合でも、保障を少なくすることで、月々の支払い負担を減らして契約できます。

 

スポンサーリンク

がんは将来すぐに見つかるようになる?

医療の進歩はすごいもので、昔はがんといえば治らない病気でしたが、今やがんも治る病気になってきました。
このままがん治療や検査がどんどん研究されて進歩して行きますと、もしかすると将来はがんは風邪と同じように簡単に治る病気になるかもしれません。

ニュースでは尿一滴でがんを嗅ぎ分ける「線虫」の検査方法が注目されており、もうすぐ実用化されるようです。
線虫のがん発見率は脅威の約90%と高い数字なので、信頼できる検査でしょう。費用も1万円程のようです。

すぐに見つかり、すぐに治る。となるとがん保険はどうなるでしょうか?
もしかするとがん保険自体なくなるかもしれませんね。
そうなるとがん保険をかけ続けることの意味は薄くなるかもしれません。

ですが見方をかえると、簡単に保険金がもらえる保険になるでしょう。
治療しなければ保険金は受けとれませんが、診断給付金は診断されれば給付されます。

ただ、その時に保険に入ればいいかというと、そう簡単ではありません。間違いなく保険の内容も変化するでしょう。
治療費のかかった分しか給付されない保険も出ておりますので、保険はその方向に向かっていくでしょう。
保険料支払免除特約があれば、保険料は支払わず継続できますので「お宝保険」にかるかも?しれません。

 

がん保険に入るならどういう保障がおすすめなのか

私がおすすめするがん保険の保障は、

 

1、診断給付金がしっかり保障されていて、複数回支払される。

2、抗がん剤の特約、または同治療一時金が付加されている。

3、保険料払込免除特約が付加されている。

4、がんに罹患した際の相談できる付帯サービスがある。

 

このあたりの保障がしっかりついていると安心できると思います。

特に1、3を重要視しております。

診断給付金があれば、一時金で保険金が給付されますので様々な治療に対応することができます。
将来、がんの治療が変化しても柔軟に対応できる価値のある保険だと思います。

おすすめできるがん保険を紹介しています。参考にどうぞ。

終身ガン治療保険「プレミアムDX」は評判通りのいいがん保険!
チューリッヒ生命の終身ガン治療保険「プレミアムDX」。 某ガン保険のランキングで上位にあり、保険雑誌のプロ評価でも優秀ながん保険と評判です。 私もこの保険はとてもいいがん保険だと思っており、おすすめできます。 主契約が抗がん剤...
大人気!ライフネット生命のがん保険はおすすめなのか?
CMでもよく流れているライフネット生命。保険料の安さ、加入の手軽さを売りに契約者数を伸ばしています。 そのライフネット生命のがん保険「ダブルエール」は、本当にいいがん保険なのでしょうか? ダブルエールはいいがん保険です。おすすめ...

 

まとめ

がん保険の必要、不必要は価値観の違いです。
絶対に必要な保険ではありませんが、私は医療保険より必要性が高いと考えています。
ただ、一番はがんにならないことです。
たばこは吸わない。お酒はほどほどに。バランスのいい食生活。適度な運動。定期的な検診。
がんを防ぐために重要なことです。
このブログががん保険検討のお役にたてればうれしいです。ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました